簡単に作れる商品を使って、ババロアを作ってみませんか

フランス語でプディング状のお菓子を意味する「ババロア」は、ドイツのバイエルン王国の貴族のためにフランス人シェフが作ったという逸話や、バヴァリア地方にあった温かい飲み物をもとに、アントナン・カレームが作ったと言われています。

「ババロア」は、ゼラチンとカスタードソースの一種であるクレーム・アングレーズを使用し、卵黄や乳製品の風味が感じられる特徴があります。 風味づけに、イチゴ、バナナ、抹茶、紅茶などを混ぜ合わせることもあります。

「ババロア」の作り方は、ゼラチンを水につけてふやかしておきます。 容器に入れた卵黄と砂糖をお湯の中で泡立てます。 鍋に牛乳とふやかしたゼラチンを入れ火にかけて溶かします。 溶かしたら、泡立てた卵黄、砂糖と卵白、生クリームを加え、混ざったら型に入れ冷やし固めます。 型からきれいに取り出すには、型を熱湯で温めるか、型のすき間に空気を入れることがポイントです。

私もよく利用する、粉末状の粉と材料を混ぜ合わせるだけで簡単に作れる商品も販売されており、ババロアを作ってみるきっかけにしませんか。フレシャス キャンペーン